30歳にもなればわかるはずです。新しい年がやってきても、新しいことがひとりでにやってきたりはしないということを。ひとつ年をとったからといって人生に変化が訪れるのではありません。自然の循環に従って季節が変わり、年は明けますが、そのような変化に意味をもたせ、新たな決意をするのは自分自身です。あなたがこの1年間に何を学び、その教訓を今後の人生にどう適用するか省察しなければ、ひとつ年をとったとしても前より聡明になったりはしません。同じように、人生の前半期を意識的に振り返り、その時間が自分に何を残したのかを注意深く省察しなければ、おぼろげな記憶や感覚として残っているだけで、人生の後半期をよりよく生きるための知恵にはなってくれません。
いつだったか、ある学者が、95%の人は今日も昨日と同じように過ごし、1カ月前も今も同じ考えを繰り返し、なんの変化もなく生きていくと言っていたのを聞いたことがあります。変化はただやってくるのではありません。意識的に目覚めている人だけに訪れます。夜明けは、夜明けに目覚めた人だけが見ることができます。夜明けが来ても、目を開かなければ依然として真っ暗な夜です。春が来ても、春が来たことを知らなければ、種を蒔くことができません。種を蒔かなければ、秋に収穫できません。私たちの前に広がっている長寿時代は、人生を私たちが願う通りに完成できる無限の可能性を抱いています。しかし、それを認識して自分の人生の後半期を意識的に設計しなければ、ただ可能性で終わるだけです。自分が選択しなければ新たな人生の道は開きません。

『人生120年の選択』より

私たちは、今、ここ、私を忘れて、多くの考えや欲望、葛藤の中で生きています。今、ここ、私、私たちから、新たな変化、新たな創造が始まります。

名古屋でヨガならイルチブレインヨガ
JR名古屋駅新幹線口から徒歩3分
イルチブレインヨガ 名古屋スタジオ
TEL 052-453-7120

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう