後ろの首筋と背筋がスッキリし、脳脊髄(せきずい)液の流れを円滑にし、中枢神経系を目覚めさせます。頭がすっきりして、肩コリ、首のコリ、頭痛などが改善されます。

首には7つの頚椎(けいつい)と、頭と胴をつなげる神経が通っています。頭を支えるために筋肉が付いていますが、たいていこの筋肉に異常が生じて痛みを感じます。正座して頭のてっぺんに手をあててみます。上から下に力を加える時、ひどい痛みを感じればヘルニアが考えられます。あるいは頚椎がゆがんだり、肩や首の筋肉が硬直したりしているとき痛みが生じます。

首のこりがひどい場合は、首の動きに気をつけて軽い動作から始め、首を充分にほぐします。頚椎と首の筋肉を強化するためには、体の調子を見ながら徐々に強くしていきましょう。首の痛みは、痛い部分だけに問題があるわけではありません。普通、肝臓や腎臓の機能が弱い場合、症状が再発しやすいため、体の状態を点検して腎臓と肝臓疾患に良いトレーニングもあわせて行なうことよいでしょう。

☆肩を持って左右に首をねじる

1. 座っても立ってもかまいません。背筋を伸ばし、肩の力を抜きます。立っ
2. 行うときは、足を肩幅に開きましょう。
3. 右手で左肩を持ち、息を吸いながら首を右側に最大限ねじります。
4. 息を止めて姿勢を維持し、引っ張られている部分に意識を集中します。
5. 息を吐きながら元に戻します。
6. 反対側も同様に行ないます。
7. 2回以上繰り返します。

『イルチ健康法』より

名古屋でヨガならイルチブレインヨガ
JR名古屋駅新幹線口から徒歩3分
イルチブレインヨガ 名古屋スタジオ
TEL 052-453-7120

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう