今日は、体をうまく使って気持ちを切りかえるテクニックをご紹介いたします。

人間の顔には、80以上の筋肉があります。これらの筋肉が、私たちの喜怒哀楽の表情をつくり出しています。このため、顔の筋肉は「表情筋」と呼ばれています。

顔の筋肉が硬くなっていると、憂うつで退屈そうな表情になります。こんな表情を続けていると、ほんとうに気分が憂うつで退屈になっていきます。感情が表情を変えるのでなく、表情が感情を左右するのです。

歩き方も、人の内面に大きな影響を与えます。肩をうなだれて、足を引きずって歩いていると、気分も後ろ向きになります。逆に、背筋を伸ばしてハツラツと歩けば、気分が前向きになってきます。

また、つまらない時に「ハハハ」と大きな声でつくり笑いをすると、それだけで気分が明るくなるでしょう。人間は、行動次第で、気持ちを変えることができるのです。

辛きときや悲しいときに、心の中でこう叫んで下さい。「行動が感情を変えることができる!」。

次のようなメッセージを復唱してみましょう。

私は何でもできます。

私はいつも微笑を浮かべます。

私はいつも自信に満ちあふれた声で話します。

『イルチ健康法』より

* * *

名古屋でヨガならイルチブレインヨガ
JR名古屋駅新幹線口から徒歩3分
イルチブレインヨガ 名古屋スタジオ
TEL 052-453-7120

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう