瞑想によって、幸せホルモン・セロトニンが増えることは
よく知られています。
セロトニンは、感情や気分のコントロール、精神の安定に
深く関わっているホルモンです。

また、瞑想すると、脳波が
覚醒と睡眠の間の状態であるアルファ波になり
内面の静けさと平和が感じられます。

世界中で活発に瞑想に関する研究が行われている中
ブレイン瞑想に関する研究も行われていて
これまでに70を超える論文が発表されています。

ブレイン瞑想の論文によると
習慣や性格の改善
業務能力の向上、ストレス耐性の向上
自己コントロール力や集中力の向上に
役立つということがわかっています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう