東洋医学では、冬はエネルギーが低下する季節だと考えられています。寒さと乾燥が激しくなり、四季のなかで「陰」が最も盛んになります。自然界では、植物が枯れ落ち、動物は冬眠し、万物が春に備えてエネルギーを蓄えます。私たち人間も無理をせずに、じっくりと体を休めたいところです。

冬の寒さによるダメージを「寒邪」(かんじゃ)といいます。寒邪は、体の熱を奪う邪気であり、肌や呼吸器から侵入したり、冷たい物を食べ過ぎた時に直接内臓へと入り込んだりします。

寒邪を防ぐには、気エネルギーや血液のめぐりをスムーズにすることがポイント。年末年始は何かと忙しく体力が消耗しがちです。体に意識を置いてエネルギーを蓄え、へそヒーリングで全身に血液と気エネルギーをめぐらせましょう。

『へそヒーリングクラブ』より

名古屋でヨガならイルチブレインヨガ
JR名古屋駅新幹線口から徒歩3分
イルチブレインヨガ 名古屋スタジオ
TEL 052-453-7120

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう