イルチブレインヨガは、カラダの内側の歪みや緊張を整えることで、肩こりなどの不調を改善していくエクササイズです。イルチブレインヨガで腸の環境を整えることで、肩こり解消に取り組む40代の男性の声を紹介します。

◆ イルチブレインヨガの体験談 ◆
「肩こりの根源は“腸”だった!」
40代 男性

「肩こりがひどく、背中もガチガチでした。ある日、イルチブレインヨガの腸運動を速いピードで強めに500回しました。そうしたら、スタートしてすぐに腰が痛くなってきて、背中の右側にも痛みを感じました。終わりの方では肩のあたりまで痛くなりました。このとき、背中や肩がいつも硬いのは、腸の状態が悪いからだと気づきました。腸運動を続ければ、肩こりが解消されていくと思います。これからも毎日続けます!」
    
  ☆      ☆      ☆
<イルチブレインヨガで内臓のトラブルを整え、肩こり解消!>
肩こりに悩む人のなかには、内臓の悪化が原因となっている人が少なくありません。肩こりの専門家の多くが「内臓にトラブルを抱えていると、肩こりになりやすい」と指摘しています。

内臓の中でも、とくに肩こりにつながりやすいのは、胃腸のトラブルです。胃や腸も筋肉でできています。だから、ストレスを感じたりすると、硬くなってコリが生まれます。腸の周辺には血管やリンパ管がたくさん通っており、胃腸のコリによって流れが悪くなると、肩の周辺の筋肉も血行不良で硬くなっていきます。

このようなときは、体の内側に働きかけるエクササイズを行って、胃腸を柔らかくすることが大事です。胃腸のトラブルには、長年の生活習慣の積み重ねも影響しており、体質改善の取り組みが欠かせません。

イルチブレインヨガで自律神経を整え、体と脳の本来のリズムを取り戻せば、胃腸の緊張もほぐれ、肩こりをラクになることが期待できます。