1(99)

登山といえば「きつい」「難しい」イメージがありましたが、最近ではウォーキング感覚でできる手軽な登山(トレイルウォーキング)が人気です。登山は自然に囲まれて、日常の雑多なことから離れることができるため、瞑想的な効果も高いです。イルチブレインヨガの登山瞑想で、イキイキとした自分を取り戻しましょう。

登山は、なんといっても自然とふれあえるのが魅力。心地よい風と陽の光を浴びて、四季折々の花や緑を感じながら山道を歩くことで、自然の恵みとパワーを感じることができます。登っているうちに呼吸が自然と深くなり、体はほぐれ、日常の雑多なことにとらわれていた脳が「解放」モードに。瞑想をしているときと同じような「リラックスした集中状態」に入ることができます。

また、登山をするときはしっかりと大地を踏みしめるため、バランス感覚も磨かれます。傾斜のある道を歩くので、体の中心がわずかに前方に傾き、自然に腹に力が入ります。これが、大きなダイエット効果をもたらすとされています。

山の頂上からパノラマの自然を眺めると、達成感はピークに。汗もびっしょりかいて、気分はまさに爽快です。脳波がアルファー波になってリラックス度はアップ。脳に出入りする情報の大半を体の「感覚情報」が占めるようになり、脳の集中状態がさらに高まります。全身の緊張がとれて心が静まり、失われていた活力を取り戻すことができます。