誰しも人生で得てきたものを
いつかは全て手放さなければなりません。
手放すというのは、捨てるということです。
問題は「どんな目的のために捨てるのか」です。
目的が重要です。
ほったらかしている勉強をちゃんとするために
常に自分に投げかけなければならない問いがあります。
「なぜ生きるのか」です。
自分自身に「なぜ生きるのか?」と
何度も聞いてみると、それなりに答えが出ます。

その答えによって自分を知ることができます。
私は何を基準に生きているのか。
今すぐに思いつく答えは虚言です。
1年経っても、10年経っても
変わらない答えこそが本物です。

頭で考えたに過ぎない答えは
変わることもあります。
変化しないのは
本性から出た答えだけです。

なぜ生きるのか?
生涯問いかけなければならない質問です。
「なぜ生きるのか?」と
常に自らに問いながら生きていけば
何を手放し、何を得るべきかが分かるようになります。

一指 李承憲(イ・スンホン)

名古屋でヨガならイルチブレインヨガ
JR名古屋駅新幹線口から徒歩3分
イルチブレインヨガ 名古屋スタジオ
TEL 052-453-7120